クリームダウン
美味しいアイスティーを作るには

 紅茶は冷めると「クリームダウン」と言われる現象が起きやすくなります。クリームダウンが起きると、薬草のドクダミのような味になり、香りもなくなり、まるで別の飲み物のような変な味になってしまいます。

 紅茶が冷めると、成分のカテキン類、テアフラビン類およびカフェインなどが凝集、結合し、白濁や味の変化を引き起こします。さらに同じ茶ポリフェノールでも、ガロイル基を持つテアフラビン類はカフェインと凝集、沈殿しやすいです。

 クリームダウンを起こさないようにアイスティーを作るには、作り立てで熱々の紅茶に、溶けないで十分に残る分量の氷を一気に加えて冷却するのが良い方法です。要するに、紅茶のオンザロックのようにすることです。

 確かに、クリームダウンを起こしやすい茶葉と、そうでない茶葉がございますが、様々な要素が絡みあい発生致しますので、この産地の茶葉はクリームダウンを起こしにくいと、ひとくくりに申しあげるのは少々難しいですが、大ざっぱに申し上げますと、標高の高い場所で産出された茶葉のほうが、クリームダウンを起こしにくい傾向がございます。
 しかし、低中標高地域産でも、クリームダウンを起こしにくい茶葉もございます。 

トップページ 美味しい紅茶の入れ方 ホットダージリンの入れ方 アイス ティーの入れ方
公式オンラインストア 紅茶の知識 インド紅茶産地 スマホ用サイト

紅茶輸入のRowan