紅茶ティーバッグ・リーフ紅茶  
   
 
  紅茶輸入の”ローワン”
   
紅茶の産地・スリランカ〜スリランカの代表的な紅茶産地のご紹介です。
     
 ヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)
 ヌワラエリヤは細長い谷で、海抜約2000mに位置しています。花の多い牧草地、原生林の高原で、さわやかな空気とイト杉ののふくよかな匂いに満ち、野生のミントの芳香が漂っています。恵まれた環境が、世界の紅茶通を満足させる爽快な渋味とデリケートな良い香りの紅茶を育みます。
    
     
 ウダプセラワ(Uda Pussellawa)
 ウダプセラワ山地は、ウバの北側に位置します。北東モンスーンの影響を受けますが、クオリティーシーズンが年に2度あります。7月〜9月と1月〜3月です。高地に位置し、冷たく乾燥した気候の影響を受けて美味しい紅茶が産出されます。
    
     
 ウバ(Uva)
 ウバは、スリランカ中央山岳地帯東斜面、海抜1000〜1700mの地域です。ウバで生産される紅茶は、独特の風味と刺激的な味で知られています。クオリティーシーズンは、7月〜9月です。
    
     
 ディンブラ(Dimbula)
 ディンブラは、広大な西側のなだらかな斜面に沿って広がっています。海抜1200〜1700mの高地に位置しています。南西モンスーンの影響を受け、美味しい渋味と香りの良い美味しい紅茶を産出します。ディンブラを象徴する山が、スリランカ随一の聖地スリー・パーダです。
    
     
 キャンディ(Kandy)
 キャンディはスリランカの古都です。茶園は海抜700〜1400mの中高地に位置しています。こしが強くコクの強い紅茶です。キャンディはスリランカで最初に紅茶が栽培された地域です。
    
     
 ルフナ(Ruhuna)
 南部地域のルフナは、独特の強さと芳香の黒い茶葉の紅茶を産出します。海抜約700m以下の地域です。暖かい気候、肥沃な土壌に育った茶葉は金銀色の芯芽をつけます。濃い味の紅茶が産出されます。
ハイグロウン(High Grown) ミディアムグロウン(Medium Grown) ロウグロウン(Low Grown)
 
トップページ 紅茶の知識 スリランカ紅茶の等級 ROWAN スマホサイト