茶の木
学名:Camellia sinensis ツバキ科ツバキ族
 インドのアソム地方原産のアッサム種と、日本や中国で栽培されている中国種に、大別されます。日本では、1191年に僧の栄西が宋から茶の木を持ってきたのが栽培の始まりです。茶の木の葉は、紅茶、緑茶、烏龍茶に加工されたり、種からは椿油(カメリヤ油)を絞るのにも使用されます。
 インドやスリランカでは、アッサム種の栽培が増えました。インドのダージリンなどでは中国種も栽培されたり、また、現在では交配種も多くあるので、この産地はこの種が栽培されていると特定はできません。
 クローナルとは、挿し木で増やした茶の木のことです。一般に、アッサム種は中国種より葉も大きく、渋み成分も強いと言われています。茶葉を収穫するサイクル、要するに、茶葉が収穫可能になる大きさに成長する期間は、土壌、気温、降水量、日照、などの条件により大きく異なります。日本の静岡では、収穫が5月から始まり、一番茶、二番茶、三番茶と、言われるように、年に3回程度。後者になるほど、成分が強くなります。インドのダージリンなどの高地では、季節風が吹き乾燥する乾季、茶の木にとってはストレスのかかる時期に収穫の最盛期を迎えます。この時期に収穫された茶葉を紅茶に加工すると、香り(アロマ)のすぐれた紅茶ができあがります。
   公式Twitter ティーボット
紅茶の知識 美味しい紅茶の入れ方
紅茶香りの仕組み 紅茶の有用成分 
Official
facebook
スタッフ
ブログ 
お問い合わせ スマホTOP  PCサイト
紅茶産地からとびっきり美味しい紅茶をお届け致します