インド紅茶産地 ニルギリ(Nilgiri)
 南インドの西ガーツ山脈南部の標高1000mから2500mの丘陵地帯で栽培される紅茶のことを、ニルギリ紅茶といいます。
 インドの西海岸沿いにある、西ガーツ山脈は、延長1600km、幅100kmに及ぶ山脈で、最高峰はMt.Anamudiで標高2695mです。インドの南部で東ガーツ山脈と交わり、さらに南は、南ガーツ山脈となります。現地の言葉でニルギリとは、「青い山」を意味しています。
 ニルギリ紅茶は、香りが良く、すがすがしい味わいの美味しい紅茶です。
   公式Twitter ティーボット
紅茶の知識 インド紅茶産地
紅茶香りの仕組み 紅茶の有用成分 
Official
facebook
スタッフ
ブログ 
お問い合わせ スマホTOP  PCサイト
紅茶輸入のRowan