紅茶の色成分
 茶葉に含まれるポリフェノールオキシダーゼ(ラッカーゼとも言う)の作用により、萎凋、発酵の過程でカテキン類(タンニンと考えても良いです)が酸化重合し、テアフラビン(橙赤色)やテアルビジン(赤色)などの赤色色素が生成します。これらの物質と茶葉にもともと含まれる紅茶フラボノイドで茶の水色が決まります。また、萎凋、発酵の過程でいくつかの香気成分も生成されます。
 公式Twitter ティーボット
紅茶の知識 美味しい紅茶の入れ方
紅茶香りの仕組み 紅茶の有用成分 
Official
facebook
スタッフ
ブログ 
お問い合わせ スマホTOP  PCサイト
紅茶輸入のRowan