紅茶の香りの仕組み
 
 紅茶は、人工的に香りをつけたり、香りの強いハーブ類を混ぜたりしているわけではないのに、ぶどうのマスカットのようなアロマや、バラのようなアロマなど、実に様々な、花のようであったり、フルーツのようであったりする、良い香りがします。
   
 
 それでは、この紅茶の香り(アロマ)の正体は?と、言いますと、なんと、生の茶葉を数時間そのまま寝かして、揉んで、発酵し紅茶になる過程で、茶葉に含まれる糖から香り成分が生成し、紅茶が持つ様々なアロマ成分になることがわかっています。
   
   
   
紅茶の知識 スマホTOP
携帯サイト  PCサイト
紅茶輸入のRowan