ナナカマド(ROWAN)

ナナカマド 〜 英語名:ROWAN

 森林限界ぎりぎりのところに生えているナナカマドは、背丈も低く、桜の花が咲き乱れる平地が春の頃には、まだ雪の下。その後、遅い春をむかえ、きれいだが控えめで目立たない白っぽい花を咲かす。やがて、短い夏がすぎて、早い秋をむかえ、春がわずかだったのを補うが如く、花よりも鮮やかに紅葉し、赤い実をつける。そして、冬が来ると、5メートルを越える積雪に耐え、雪の下で遅い春の訪れをじっと待つ。春が来ると、再び地上へと姿を出し、緑の葉をつける。

 「大変燃えにくく、7度竈(かまど)に入れても燃えない」ということから、ナナカマドという日本名がつけられたという。北欧などでは、「魔除けの木」ともいわれている。


山岳写真

Rowan Co.,Ltd