かさ地蔵
 
 
 
 
 
あらすじ
 
 ある雪深い地方に、ひどく貧しい老夫婦が住んでいました。年の瀬がせまって正月が来るのに、新年を迎えるためのお餅すら買うことのできないありさまでした。 そこでおじいさんは、自分で作った笠を売りに町へ出かけましたが、笠はひとつも売れませんでした。吹雪になるような気配がしてきたので、おじいさんは笠を売ることをあきらめ家に帰ることにしました。吹雪の中、おじいさんは7体のお地蔵さんを見かけると、売れなかった笠をお地蔵さんの頭に一つ一つかぶせました。しかし、手持ちの笠は、おじいさんが使用しているものを含めても1つ足りませんでした。そこでおじいさんは、最後の地蔵には持っていた手ぬぐいを被せ、おじいさんは何も持たずに帰宅しました。おじいさんからわけを聞いたおばあさんは、
「それはよいことをなされました」
 と言い、お餅が手に入らなかったことを責めませんでした。

 雪がしんしんと降るその夜、老夫婦が寝ていると、家の外で、
「どさーっ、どすんっ、どんっ!」
 と、何か重たい物が落ちたような音がしました。びっくりしたおじいさんとおばあさんが、扉を開けて外の様子を見てみると、家の前に米俵や餅・野菜・魚などの様々な食料や小判などの財宝が山と積まれていました。老夫婦は雪の降る中、手ぬぐいをかぶった1体の地蔵と笠をかぶった6体の地蔵が背を向けて去っていくのを見ました。この地蔵からの贈り物のおかげで、老夫婦は良い新年を迎え、その後も楽に暮らしたそうです。

 めでたし、めでたし!
 
紅茶 むかしばなしTOP Twitter