<紅茶の等級>
スリランカの等級
インドの等級
生茶葉を発酵、乾燥した後にふるいにかけて、細かい紅茶葉だけのものや、芯芽を多く含むもの、大きい茶葉などに分けることで、グレード(等級)が決まります。ティーバッグ仕様では、抽出しやすいように通常BOPFやファニングスなどの細かい茶葉を使います。紅茶の等級は産地により多少異なります。
先頭に戻る
もっと詳しくは、
PCホームページ

ROWAN