紅茶ティーバッグ・リーフ紅茶  
   
   
  紅茶輸入の”ローワン”
紅茶等級(Grade)〜スリランカ。
オレンジペコーとかFBOPなどと言われているスリランカの紅茶等級について、写真入りで詳しくご紹介です。
 紅茶の等級とは?
 紅茶の等級(グレード)と、お聞きになると、それが紅茶の品質や味を示している感じがいたします。しかし、実際のところ、紅茶の等級とは、「茶葉の形状」のことを示しています。

 スリランカのほとんどの茶工場では、詰み採った茶葉を紅茶に加工する最終段階で、紅茶をふるいにかけて、大小のサイズに分けます。それを、OP(オレンジペコー)、FBOPF、BOP、などと表します。
 同じ茶工場で作られた紅茶で比べると、大きい葉の集まった等級の紅茶は、軽い味。細かい茶葉のは、濃く抽出されます。

 基本的な紅茶の味や香りは、茶園、茶工場、産地、季節により、かなり違いがあります。
 
 
オーソドックス製法、ホールリーフタイプ   オーソドックス製法、シルバーチップ
Pekoe   OP   Silver Tips 
ペコー   オレンジ ペコー    シルバー チップ 
   
 茶葉は縮れた感じです。デリケートな軽い風味です。
 
 ホールリーフ(よく揉まれた大型の茶葉)タイプです。産地や季節により味が異なります。
 
 最高の品質の芯芽を乾燥させると、ベルベットのような質感で、茶葉の色はシルバーを呈します。神秘的でデリケートな風味があります。
   
オーソドックス製法、ブロークンタイプ
FBOP   FBOPF   FBOPF.EXSP 
フラワリー ブロークン オレンジ ペコー    フラワリー ブロークン
オレンジ ペコー ファニングス 
  フラワリー ブロークン オレンジ ペコー
ファニングス エキストラ スペシャル 
   
 ホールリーフタイプではありませんが、大きめの茶葉です。芯芽(チップ)を含みます。
 芳醇な風味があります。
 
 やや大きい芯芽を含んだ、典型的な粒状の茶葉です。
 芳醇で甘い風味です。
 
 長い芯芽(チップ)を含んだ、大型タイプの茶葉です。キャラメルに似た甘い風味です。
   
BOP BOP1 DUST
ブロークン オレンジ ペコー  ブロークン オレンジ ペコー 1  ダスト
   
 最も知られたブロークンタイプの、茶葉のサイズです。豊かなコクと風味のバランスが程よい紅茶です。
 
 ホールリーフではないが、十分に揉んだ大きめの茶葉です。淡い麦芽のような風味があります。
 
 やわらかな粉状に近く、特に水色が濃いです。業務用に適しています。
   
CTC製法の紅茶等級   紅茶への変容
BP1 PF1 Transformation
ブロークン ペコー 1  ペコー ファニングス 1 緑の生茶葉から紅茶への変容
   
 CTC製法の大きめの茶葉。明るい水色、コクの強い紅茶。
 
 CTC製法の小さめの茶葉です。味の濃い紅茶です。
 
 緑の生茶葉を萎れさせて(萎凋)、揉み潰して(揉捻)、発酵、乾燥させ紅茶にしますと、だいたい4.5kgの生茶葉から1kgの紅茶が出来ます。
   
 
トップページ 紅茶の知識 スリランカ紅茶産地 インド紅茶産地
携帯サイト スマホサイト 美味しい紅茶の入れ方 山岳写真