紅茶産地から美味しくて安心安全な紅茶をお届けいたします  
   
  紅茶輸入の”ローワン”
CTC製法〜紅茶の製造過程。
紅茶の製造方法には大きく分けて、オーソドックス製法とCTC製法がございます。そのCTC製法について、写真入りで詳しくご紹介致いたします。
 1.摘採(てきさい)Plucking
 茶摘みのことでございます。

 インドやスリランカにおいて、茶葉の収穫は、オーソドックス製法でもCTC製法でも、手摘みが基本でございます。

 茶摘みをする際に、茶の木の枝の一番先端の芯芽とそのすぐ下の二枚半、『一芯二葉』と言われている部分だけを機械を使わずに丁寧に手摘みします。

 この一芯二葉の手摘みも、インドやスリランカの紅茶が美味しい理由の一つです。
 
     
 2.萎凋(いちょう)Withering
 摘み取った茶葉を寝かせて、萎れさせる工程でございます(写真 左下)。

 茶葉中の水分を、ある程度飛ばします。緩やかな発酵過程の一部でもあり、この過程で紅茶の良い香り、アロマが出始めます
 萎凋作業は、茶工場(写真 右下)の最上階で行っている茶工場が多いです。

 CTC製法では、より発酵しやすい形状に茶葉を加工いたしますので、オーソドックス製法に比べ、萎凋時間は短いです。CTC製法では、流れ作業、ベルトコンベアでゆっくり進みながら発酵作業も兼ねますので、この萎凋工程をやらないで、いきなり次の工程に進んでいる茶工場もございます。 
     
 3.CTC、Crush(押しつぶす)、Tear(ひきさく)、Curl(丸めて粒にする)
 CTCの製造ラインでは、CTCの名前の由来となった工程、Crush(押しつぶす)、Tear(ひきさく)、Curl(丸めて粒にする)の作業が、ゆっくり進むラインと共に流れ作業で行われます(写真 左下)。

 さらに、茶葉がより発酵しやすい形状に加工されていますので、ラインの流れと共に発酵も進んでいき、CTCラインの最後のほうでは、茶葉がだいぶ茶色味がかります(写真 右下)。

 オーソドックス製法では、萎凋時間が長く、夜中からローリング作業に入る茶工場が多く、工場の従業員にとってはなかなかの負担でした。このCTC製法では、昼間のうちに紅茶に仕上がる茶工場もございまして、その点においても生産性が高いです。
     
 4.発酵(はっこう)Fermentation
 温度、湿度が管理されたクリーンルームで、茶葉を寝かせて、発酵させます。時間の経過と共に茶色が濃くなります。

 茶工場によって、発酵時間は様々、発酵時間が短ければ茶葉は緑色が強く、長ければ茶色が濃くなります。このファーメンテーションの過程だけでなく、茶葉を紅茶に加工する全行程が発酵過程でもあります。

 味、香り、茶工場管理者、Superintendentの腕の見せ所でございます。
 
 5.乾燥(かんそう)Drying/仕上げ(しあげ)Sorting
 高温の熱風で乾燥させ、茶葉の発酵を止める工程でございます。ドライングと呼ばれています。

 熱風の温度は、それぞれの茶工場によって違いますが、100〜130℃でございます。

 乾燥させた茶葉をフルイでサイズごとに仕分けし、CTC独特の丸っこい紅茶が出来上がります。

 オーソドックス製法の茶葉に比べるとCTC製法の茶葉は濃く抽出されるので、ミルクティーなどにして愛飲されております。
CTC Fannings PF/PD CTC BP/BOPSM CTC BOP
 
トップページ 紅茶の知識 スリランカ紅茶産地 インド紅茶産地
オーソドックス製法 スマホサイト 美味しい紅茶の入れ方 山岳写真